【大阪梅田・福島】ドライフラワー好き必見!おしゃれな花屋&カフェ「サンカクストア」

ショッピング

2021年11月に大阪福島にオープンした「サンカクストア」。真っ白な外壁に色とりどりのお花が飾られており、ひときわ目を引く建物です。梅田周辺でおしゃれなお花屋さん、カフェをお探しの人は「サンカクストア」をぜひチェックしてみてくださいね!

サンカクストアってどんなお店?

「サンカクストア」は、1階に雑貨&生花店、2階にカフェ&ドライフラワー専門店、3階にフォトスタジオを構えるお店です。

共同代表でありフォトグラファーでもある奥田さんの「写真・花・カフェがひとつになったお店をつくりたい!」という思いに惹かれ集まった精鋭メンバーにより、写真・花・カフェ、3つの要素を含むスポットが誕生しました。

もうひとりの共同代表であるフローリストの松井さんは、フラワーコンクール全国大会に出場経験のある実力者。「お花を1本からでも気軽に買ってもらえる、日常に溶け込んだ花屋をつくりたい」との思いで新鮮なお花を仕入れています。

ドライフラワーは梅田エリアでも圧巻の品揃え

「サンカクストア」で圧倒的な存在感を放つのが、店内を華やかに彩るドライフラワー。

梅田エリアの花屋の中でも、これだけドライフラワーの種類が豊富なお店は少ないでしょう。

2階のドライフラワー専門店では、天井から吊るされたドライフラワーの中からお気に入りの1本を購入したり、店内装飾も担当するハイセンスなフローリスト・羽柴さんにオーダー花束を作ってもらうこともできますよ。

ドライフラワーで作ったリースやフラワーボックスなどのインテリアも豊富で、思わず衝動買いしてしまうような素敵なアイテムに出会えることも。

「ドライフラワーってこんな風に飾ればいいんだ!」という新しい発見もあり、インテリア好きの方も満足すること間違いなしです!

お花に囲まれた癒やしの空間で優雅にカフェタイム

「サンカクストア」の2階に上がると、目の前にドライフラワーで彩られた世界が広がります!

ソファー席やカウンター席、テーブル席があるので、お一人様やデート・女子会など、シーンに合わせて利用できるのもうれしいですね♪

店内には可愛いドライフラワーのインテリアがたくさん!

大通りに面したお店ですが、カフェは2階にあるのでとても静かでゆったりとした時間が流れていますよ。可愛いインテリアの中でゆっくりとカフェタイムを楽しみたい人におすすめです。

カフェメニューを実食レポ!

2階でイートインをする場合は、1階にあるショーケースから注文します♪

ショーケースには、ブラウニーやマフィン、クッキーなどの焼き菓子やタルティーヌなどの軽食が並べられています。どれも店内で手作りされている、こだわりの一品です。

また、ショーケース下には著名人のサインがズラリ。すてきなお花とカフェを求めて、通ってくれる方も多いのだそう♪

今回いただいたのは、店員さんのおすすめ「ラベンダー×ローズのブラウニー」。お花を扱うショップらしく、味覚でもお花を堪能できるのがうれしいですね!

もう一品、「チャンクチョコ&Wナッツのクッキー 」もザクザクとした食感でとてもおいしかったですよ。

ドリンクにはハーブティーの「ラベンダー」をいただきました。ラベンダー入りの本格的なハーブティーで、ほっと一息♪

ほかには、カモミールやブレンドのハーブティーも。また、サングリアやホットワインなどのアルコールメニューもあるので、夜カフェにも利用できそうですね!

ドライフラワーを使ったワークショップも毎日開催中

「サンカクストア」では、当日受付で気軽にドライフラワー作品が作れるワークショップを毎日開催しています♪

定番のリースやスワッグはもちろん、店内の商品で「自分でも作ってみたい!」と思うアイテムがあれば制作できるのだそう。

気負わずふらっと立ち寄って、ドライフラワーを使った素敵なインテリアを作ってみるのもいいですね!

サンカクストアでお花とカフェを堪能!

種類豊富なドライフラワー専門店に、お花に囲まれた癒やしのカフェ、フォトスタジオを盛り込んだ「サンカクストア」。

花束アレジメントの待ち時間にカフェをする。
カフェのついでにお花を1本買ってみる。
カフェをしながら家族写真の計画を立てる。

そんな風に、ひとつのお店でさまざまな楽しみ方ができるのがサンカクストアの魅力です。

日常を忘れて素敵な時間を過ごせるサンカクストアに、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

■店舗情報/サンカクストア
【住所】大阪市福島区福島1-4-32(map
【電話番号】070-1819-3987
【営業時間】11時〜19時(時短営業中)
【定休日】なし
▷公式Instagram
▷食べログ
▷Retty

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました